「しなの鉄道」、「えちごトキめき鉄道」 4月に特別列車 桜で集客 長野と新潟、乗り入れ便

 「しなの鉄道」(長野県上田市)と「えちごトキめき鉄道」(新潟県上越市)は、観光列車が相互乗り入れする特別便を4月に運行させる。上田市の上田城、上越市の高田城は桜の名所とされ、両鉄道が連携し、観光客を呼び込むのが狙い。

 特別便は、しなの鉄道「ろくもん」と、えちごトキめき鉄道「えちごトキめきリゾート雪月花」。ろくもんは4月7日に上田駅(上田市)-高田駅(上越市)を往復。雪月花は同13日に直江津駅(上越市)から高田を経由し、高田-上田を往復する。妙高山の風景などが楽しめる。

 料金はいずれも片道、食事付きで、ろくもんが1万2800円、2万1800円の2種。雪月花は2万1800円。しなの鉄道は「好評なら今後の運行も検討する」(玉木淳社長)とし、えちごトキめき鉄道は「食事と桜を楽しんで」(石黒孝良営業部長)と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ