北陸新幹線、延伸から3年 堅調な観光需要がけん引

 北陸新幹線は長野-金沢の延伸開業から14日で丸3年。客足は順調で快走が続く。2月の大雪でも運休はほとんどなく、乗客数は逆に増えた。5年後には福井県・敦賀まで延び、最終的には東京と大阪をつなぐ北陸新幹線。沿線自治体は開業効果持続に知恵を絞る。

 北陸新幹線3年目の乗客数は、開業後で大幅に増えた1年目からの落ち込みをわずかにとどめた2年目とほぼ同水準で、好調を維持した。延伸区間の上越妙高-糸魚川の累計乗客数は2月に2600万人を突破、堅調な観光需要がけん引した。

 JR西日本は、JR東日本から運行管理を引き継ぐ上越妙高と隣駅の糸魚川の間を乗客数の推移を示す指標にしている。JR西によると、1年目(平成27年3月14日~28年3月13日)は開業前の在来線との比較で295%と約3倍に増えた。2年目は前年同期比7%減、3年目の29年3月から30年1月までは前年同月比96~104%で推移した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ