川崎市の中学が完全給食開始 生徒の7割「よかった」 保護者は大歓迎

 川崎市は市内の市立中学校全52校で昨年12月までに開始した「完全給食」について、生徒や保護者を対象に行ったアンケートの結果を公表した。給食が導入されて「よかった」などと評価する生徒は全体の7割近くに上り、給食が「おいしい」などと評価する回答も8割を超えるなど、好評を得ていることが分かった。一方で、食事時間が短いといった意見や、野菜を敬遠する傾向など、今後の運営に向けた課題も浮かび上がった。

 調査は2月中旬、市内全7区から各2校を抽出して実施。1~3年生の生徒計1432人、保護者計1235人から回答を得た。

 給食導入をどう思うかについて生徒に尋ねたところ、「よい」「どちらかといえばよい」という回答が計66・4%となり、「よくない」「どちらかといえばよくない」の計31・9%を大きく上回った。

 8割超「おいしい」

 「よくない」とした理由は「家からの弁当のほうがよいから」(63・4%)が最多。「準備や後片付けが大変だから」(44・5%)という意見も目立った。

 一方で、保護者の97・5%が給食導入を歓迎していることも分かった。市は「おおむね順調な滑り出しだ」とみている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ