安心感、信頼感に先進性と上質さをプラス 随所にブルーを使用 JR西日本

【制服図鑑】

JR西日本

 国鉄民営化から30年を迎えた平成29年4月、JR西日本は次世代に向けたシンボルとして新制服を導入した。乗務員や駅係員らが着用する接客服、施設・電気係員の技術服、車両検査係員の検修服のそれぞれが「安心感」「信頼感」という従来のコンセプトに、「先進性」「上質さ」を加えたデザインになっている。

 同社発足後、4回目の更新となる制服の導入に向け、全社員からアンケートで集めた約4万件の意見を反映させた。

 「安心と高級」を感じさせる接客服には、チャコールグレーにコーポレートカラーの青色ストライプを採用。従来、駅長ら管理職はダブルの上着を着用していたが、すべてシングルで統一した。異常時対応などの作業性を高めるため、女性のスカートを廃止したのも特徴だ。帽子やネクタイにも青色を使い、名札にはJRロゴを用いた。

 より安全性が重要になる現業の技術系部門。技術服は視認性を高めるため発色のよいオレンジ色を採用、検修服は反射材を斜めに配置して「スピード感」のある未来志向のデザインにした。ポケットの容量を増やすなど工夫を加えたほか、シャツには伸縮性のある素材を用いて動きやすさも改善した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ