初の民間ロケット 29日早朝に打ち上げ延期 稲川貴大社長とホリエモン「トラブルではなく、万全を期すため」

 「トラブルではなく、万全を期すため」。北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」の稲川貴大社長は出資者の堀江貴文氏と28日午前に記者会見し、昼に予定していた自社開発の小型ロケットMOMO(モモ)2号機の打ち上げを29日に延期すると発表した。順調なら午前5~8時に打ち上げる。

 稲川社長らによると、午前4時から始めた、格納庫から出す前の電子部品や機体の配管の圧力など200~100に及ぶ点検項目のチェックが同7時半になっても終わらず、午前11時~午後0時半に予定していた打ち上げを断念した。夕刻にも予定していたが、風が強くなる見込みだったため見送った。

 29日早朝は晴れの見込みであることから、堀江氏は「朝のほうが風が吹かず、条件がいい。期待してほしい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ