任務拡大に合わせリニューアル 胸のバッジ色で職制 東海道新幹線パーサー

 【制服図鑑】

 □ジェイアール東海パッセンジャーズ

 日本の大動脈として半世紀以上にわたって東京-名古屋-大阪をつなぐ東海道新幹線で、車内サービスを担当する「パーサー」の制服が平成29年10月、リニューアルされた。

 東海道新幹線では、30年3月からパーサーの任務が拡大、従来は車掌が担ってきた緊急時の脱出用はしごの設置など、避難誘導や急病対応も担うようになった。制服の更新も役割変更に合わせたもので、旧制服時代のコンセプト「信頼性、親近感、プロフェッショナル」を維持しながら、仕事のしやすさを追求した。

 新制服も濃紺が基調。春、秋、冬の3シーズンがジャケットスタイルで、女性用は旧制服をマイナーチェンジして現代風にアレンジした。ジャケットは肩パットをなくして、羽織るような着心地にした。スムーズな動きができるよう肩回りの可動域を広げたほか、芯を使って美しいシルエットを保つよう工夫されている。男性用はシングルスーツを新たにデザインし、軽快さと機能性を高めた。夏服では男女とも、従来着用していた上着を廃止し、ベストを取り入れた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ