隆盛極める出会い系アプリは現代の“お見合いおばさん”

 「そう行った地域では自治体の協力もあり、お節介なお見合いおばさんが活発で、リアルな場でのマッチングが盛んだったりしますね。しかもゴールインするカップルも結構多いんですよ」

 九州在住の八坂洋子さん(仮名・62才)は3年前に長男(35才)がお見合い結婚した。

 「親戚にお見合いを勧められて結婚しました。物静かな長男の性格を知っていたから逆に活発な嫁さんを紹介してもらい、互いの故郷や趣味も似通っているので夫婦仲は円満です。田舎なので新参の嫁さんだと人間関係がうまくいかなかったと思うので、いい人を紹介してもらえて幸運でした」(八坂さん)

 一方で八坂さんの次男(32才)は学生時代の恋人と恋愛結婚したが、わずか3年で離婚してしまったという。

 「一目ぼれでつきあい始め、結婚した次男は東京でSEとして働いていますが、忙しい共働きですれ違いが多く、結婚前の理想と実際の結婚生活が全く違ったそうです。男ばかりの職場で新しい出会いもないようで、親としては心配です」(八坂さん)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ