和歌山市とJR西日本和歌山支社 「リノベーションまちづくり」で連携協定 自治体と鉄道会社で初

 和歌山市とJR西日本和歌山支社は4日、遊休不動産を再生、活用し、中心市街地の活性化につなげる取り組み「リノベーションまちづくり」に関する連携協定を結んだ。リノベーションまちづくりに関して自治体と鉄道会社が連携協定を締結するのは全国でも初めてという。中心市街地のさらなる活性化に向けて、同市の尾花正啓市長は「リノベーションまちづくりのさらなる加速に期待したい」と話した。

 リノベーションまちづくりは、空き家や空き店舗などの遊休不動産を再利用し、街の産業振興やエリア価値の向上につなげる取り組み。同市主催で平成26年2月以降、リノベーションまちづくりについて学ぶ「リノベーションスクール」を6回開催し、30年度当初予算にも関連事業費約1200万円を計上した。同市本町の農園レストラン「石窯ポポロ」(27年2月オープン)をはじめ、同スクールが関わる物件の事業化は計17件にのぼる。

 同市では、さらなる取り組み推進に向けて、地域経済と結びつきの強い鉄道会社や電力会社などインフラ事業者との連携を模索。沿線価値向上を目指すJR西の和歌山支社と思惑が一致し、協定につながった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ