岡崎選手は「市民の誇り」一時居住…兵庫・三田市役所に応援コーナー

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日に開幕するのを前に、小中学時代を兵庫県三田市で過ごした日本代表、岡崎慎司選手(32)を応援しようと、同市役所に応援コーナーと懸垂幕が設置された。

 岡崎選手は宝塚市出身で、小学5年で三田市立けやき台小に転入。市立けやき台中を卒業するまで同市で過ごした。同中に在学中は、サッカー部と宝塚市のクラブチーム「宝塚ジュニアフットボールクラブ」に所属し、県選抜に選ばれるなど活躍した。

 本庁舎1階に設けた応援コーナーには、前回W杯ブラジル大会後に岡崎選手から贈られた直筆のサインボール3個や、レプリカのユニホーム、応援グッズのタオルなどを展示。応援メッセージ用のボードも設置され、「けやき台から応援しています」「泥臭い一発を!」などと書き込まれている。

 また、庁舎前の広場には「祝 ワールドカップ出場 岡崎慎司選手」などと書かれた縦10メートル、横0・9メートルの懸垂幕も掲揚している。

 市役所を訪れた同市西山の飲食店従業員、増田大樹さん(31)は「岡崎選手は同学年で市民の誇り。W杯ではゴールを決めてほしい」と話していた。

 日本代表は19日に1次リーグ初戦・コロンビア戦を迎える。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ