貯めたへそくりは1000万円近く! 夫と仲が悪いシニア妻の実態

 家族に隠れてためている人も少なくない「へそくり」。シニア女性向け雑誌を発行しているハルメク(東京都新宿区)は6月、「夫と仲の悪い女性は平均898万円もへそくりをためている」という調査結果を明らかにした。シニア世代の貯金が多いのは分かるが、なぜそんなにためるのか?

女性の方がへそくり好き?

女性の方がへそくり好き?

女性のへそくり額は男性の1.6倍

 同社が2018年1月、60~79歳の結婚している男女437人を対象にネット上でアンケートを取った。そのうち53.5%が「へそくりあり」と回答した。

 調査で明らかになったのはシニア女性の「へそくり好き」。平均514万円と男性の1.6倍に。アンケートでは「配偶者の財産管理に対する不信・不安」「男性より長生きするリスクへの備え」が理由に挙げられていた。

シニア世代のへそくり額

シニア世代のへそくり額

 女性の方が男性よりお金にしっかりしている印象だが、アンケートで「夫婦関係に満足していない」と回答した女性ではさらにこの傾向が強くなる。

万が一の離婚に備え

 夫と不仲と感じている女性のへそくりの平均額は898万円。同じく妻と不仲だと感じている男性より400万円以上多い。

 配偶者と「仲の良い」グループと「不仲」なグループでそれぞれ男女間の金額差を比較したところ、不仲なグループ内の男女差は仲の良いグループ内の差に比べて約240万円も高くなった。夫と不仲な女性ほどへそくりをためるという結果となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ