1人だけの野球部員が大会に出場 38対0も夢かない「やりきった」 高校野球

 生徒数の減少で野球部員が集まらず、たった1人で活動していた青森県の分校の高校球児が12日、他部や本校から助っ人を募って全国高校野球選手権青森大会に出場した。試合は38対0で敗れたが、県立大湊高川内校舎3年の山道昴昇選手(18)は「やりきった」と胸を張った。

 川内校舎は大湊高の分校で入学者減で平成32年度末での閉校が決定している。

 山道選手は小、中学校で野球部。交通事情で通学できたのが野球部員が少ない川内校舎だけだった。3年生の引退で部員はゼロになっていたが秋に入部した。

 渡部伊織監督(24)と2人きりでキャッチボールなどの練習を続けた。選手を探したが、新入生にも野球経験者はゼロ。それでも声を掛け続け、6月上旬になって他部から4人が応じてくれた。大湊高本校からも5人が加わった。

 試合は県立八戸北高との対戦。山道選手は4番・投手で出場。5回コールド負けとなったが、最後まで投げ抜いた。「一生の思い出。親や仲間、先生たちに感謝しかない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ