青空のもと「乾杯!」 大通公園でビアガーデン始まる

 北海道の夏の風物詩「さっぽろ大通ビアガーデン」が20日、札幌市中心部の大通公園で始まった。この日の最高気温は29度で、青空の下、大勢のビールファンが「乾杯」の声を響かせた。

 友人と訪れた同市の大学3年、能戸愛吏さん(20)はジョッキを手に「夏が始まった気分。天気も良くてビールがおいしい」と笑顔だった。

 東西約1キロの会場に約1万3千席を設けた国内最大級のビアガーデン。大手4社に加え、ドイツやデンマークなど世界各国のビールをそろえた。

 公認アプリをスマートフォンにダウンロードすれば、ビール無料券が当たる「ビールおみくじ」も楽しめる。営業時間は正午~午後9時。8月15日まで。昨年は約104万人が訪れ、約39万リットルのビールが消費された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ