全国237地点で猛暑日 今年最多、岐阜39度超

 日本列島は22日も広い範囲で高気圧に覆われ、各地で猛烈な暑さが続いた。岐阜県郡上市で最高気温が39・8度となって過去最高と並んだほか、名古屋市千種区や愛知県豊田市でも39・5度となった。東京都千代田区も今年最高の35・6度を記録。35度以上の猛暑日となった地点は、午後4時現在で237地点に上って今年最多となり、全国に927ある観測地点の約4分の1を占めた。

 気象庁によると、日本の南で停滞している太平洋高気圧の勢力が依然として強いことから、厳しい暑さは週の半ばごろまで続くとみられている。同庁は、水分や塩分の補給、クーラーの適切な利用など、熱中症への最大限の注意を呼び掛けている。

 気象庁によると、ほかの地点の最高気温は、岐阜県多治見市と美濃市で39・4度、同県揖斐川町で39・3度を観測した。茨城、群馬、埼玉、静岡、三重、京都、鳥取、徳島の各府県でも38度を超えた。

 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ