猛暑を忘れる清流の水中花 バイカモが見ごろ

地蔵川の水中で咲き誇るバイカモ(梅花藻)=24日、滋賀県米原市

地蔵川の水中で咲き誇るバイカモ(梅花藻)=24日、滋賀県米原市

 猛暑を忘れ、清流に咲く花で涼をとるのはいかが-。滋賀県米原市を流れる地蔵川で、水中に白い梅に似た小さな花をつける水草「バイカモ(梅花藻)」が見頃を迎え、訪れた人を楽しませている。

地蔵川の水中で咲き誇るバイカモ(梅花藻)=24日、滋賀県米原市

地蔵川の水中で咲き誇るバイカモ(梅花藻)=24日、滋賀県米原市

 地蔵川は湧き水で水温が14度前後に保たれ、生育に適している。花が水面に浮かぶ姿に、京都市から訪れた岩崎貴穂さん(34)は「かれんできれい。川の水も想像以上に冷たい」と話した。

 米原観光協会によると、豪雨の影響で例年より花の数は少ないが、8月末ごろまで楽しめる。

滋賀県米原市の地蔵川で見頃を迎えたバイカモ(梅花藻)=24日

滋賀県米原市の地蔵川で見頃を迎えたバイカモ(梅花藻)=24日

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ