レッサーパンダの赤ちゃん誕生 埼玉県こども動物自然公園

 埼玉県こども動物自然公園(東松山市)で、レッサーパンダの雌の赤ちゃんが誕生し、順調に育っている。園によると、体重は605グラム(25日測定時)で、6月29日に測定した145グラムの4倍以上に成長した。ふわふわした毛に包まれ、レッサーパンダらしい模様が少し浮き出てきている。目も見え始めたという。一般公開は10月中旬頃の予定で、公開後に名前を募集する。

 誕生日は6月24日。7歳になる母親のハナビが雄と雌の2頭を出産した。しかし、今月1日にハナビが就寝中、2頭の上に乗ってしまい、雌は自力で脱出したが、雄は死んでしまったという。

 園は2頭のうち、動画の撮影に成功した最初の赤ちゃんの誕生の瞬間を園の公式「YouTubeチャンネル」で公開している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ