救急救命医に聞いた 熱中症の重症化防ぐ正しい応急処置は?

 【殺人猛暑 熱中症サバイバル術】

 連日、殺人的な猛暑が続いているが、今年の暑さは「例年とは違う」と感じている人は多いはずだ。熱中症は、自分では気づかないうちに発症し、急速に重症化する場合がある。どんな応急処置を取ればいいのか。帝京大学医学部附属病院・高度救急救命センターの三宅康史センター長を直撃した。

 --どんな症状があったら熱中症を疑うべきなのか

 軽症では、「立ちくらみ」「手足のしびれ」「こむら返り」などです。さらに進むと「頭痛」や「吐き気」「虚脱感」などが現れます。しかし、軽症の時点では仕事など何かに集中していると自分ではなかなか気づきません。だから対策として、定期的な水分補給が重要なのです。最も熱中症に注意しなくてはいけないのは、屋外でも室内でも1人でいる人です。

 --熱中症が疑われた場合、まず何をすべきか

 その場ですぐに体を冷やすことです。ただちに日陰やクーラーの効いている室内に避難する。そして、できるだけ薄着になって、ベルトやネクタイはゆるめて風通しをよくする。また、自販機やコンビニで冷たい飲料を購入して、首ののどぼとけの両側や脇の下を冷やすと有効です。水分補給は、大量に汗をかいているならスポーツドリンクがいいでしょう。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ