猛烈な雨の恐れ、台風 29日未明にかけ上陸へ 豪雨被災地でも警戒を

 強い台風12号は28日、勢力を維持したまま北上を続けて関東に接近後、夜から29日未明にかけて東海や近畿南部に上陸するとみられる。東日本の太平洋側では1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が局地的に降る可能性があるほか、西日本までの広い範囲で大雨による土砂災害や河川の氾濫、暴風などの恐れがあるとして、気象庁が厳重な警戒を呼び掛けた。高波や高潮の危険もある。

 気象庁によると、台風は上陸後、次第に速度を落としながら大きく西寄りに進む珍しい経路をたどると予想されている。西日本豪雨の被災地にも影響が出るとみられ、新たな災害への対応や早めの避難を求めている。

 29日午前6時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで、関東甲信と東海が400ミリ、伊豆諸島が300ミリ、近畿が250ミリ、東北や北陸、四国が150ミリ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ