埼玉県に男性用日傘贈呈 通勤時使用で普及啓発

 男性職員が通勤時に使うなど、日傘の普及活動に取り組む埼玉県に対し、東京の傘メーカーなどが1日、男性用の折り畳み日傘70本を贈呈した。県や、暑さ対策を推進している県内8市の男性職員が通勤や業務で使い、啓発に活用する。

 県では昨年、有志の男性職員20人が「日傘男子広め隊」を結成し、熱中症対策のアイテムとして、男性が使いやすい環境づくりを進めている。現在は8市の職員も加わり100人に拡大。今年7月には公式ツイッターも開設し、情報を発信している。

 県は贈呈を受け、日傘の効果を検証するほか、職員の体感調査の結果をホームページで公開する方針。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ