名古屋で38・3度 猛暑続く、局地的雷雨に注意

 日本列島は2日も高気圧に覆われて気温が上昇し、名古屋市で38・3度を観測するなど厳しい暑さになった。午後にかけて最高気温が35度以上の猛暑日になる地点が増えるとみられる。前橋市や埼玉県熊谷市では39度に達すると想定されている。気象庁は小まめな水分、塩分の補給や冷房の適正使用など熱中症対策を呼び掛けた。

 気象庁によると、特に関東甲信、東海では日本海からの気流が山を越える「フェーン現象」の影響で気温が高くなりそうだ。また、気温の上昇に伴って東日本や西日本で大気の状態が不安定になり、山沿いを中心に局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れもある。

 他に2日の予想最高気温は、甲府市、岐阜市、名古屋市、京都市が38度、福島市、兵庫県豊岡市、大分県日田市が37度など。

 一方、台風12号は鹿児島・奄美大島の西の東シナ海に停滞した。今後は発達しながら中国大陸に進む見通し。九州南部、南西諸島は引き続き雷雨や突風に注意が必要だ。2日午前9時現在、中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大瞬間風速は30メートル。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ