サマータイム導入で「電波時計が狂う」? メーカー側の見解は…

 政府・与党が、2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会の酷暑対策として、夏の時間を2時間繰り上げる「サマータイム」の導入を検討していると報じられています。サマータイム導入については、ITシステムの改修作業が発生する、健康への悪影響がある――など、さまざまな批判の声が出ていますが、ネット上ではこんな指摘も出ています。

 それは「電波時計が狂うのではないか」というものです。一体どういうことなのでしょうか。情報通信研究機構(NICT)、電波時計の国内メーカーに聞きました。

写真はイメージです

写真はイメージです

「『何時間ずらすか』は想定していない」

 電波時計は、NICTが運用している標準電波(JJY)を受信し、時間のずれを自動修正しています。この電波には、時、分、通算日、年(西暦下2桁)、曜日といった情報に加え、将来何らかの情報を付け足して送信するために「予備ビット」が設けられています。この予備ビットを使い、サマータイム(夏時間)の情報を送信できることは、NICTのWebサイトでも紹介されています。

 ただ、送信する情報は(1)6日以内に夏時間への変更なし、(2)6日以内に夏時間への変更あり、(3)夏時間実施中、(4)6日以内に夏時間終了――のみ。「『何時間ずらすか』を送信することは想定していない」といいます。

予備ビットを使い、サマータイム情報を送信する例=NICTのWebサイトより

予備ビットを使い、サマータイム情報を送信する例=NICTのWebサイトより

 そもそも「(この方法は)告示などで正式に決まっておらず、標準電波をどのような形で送信するかも決まっていない」と、NICTは説明しています。「電波時計の時刻合わせ機能が引き続き使用可能かは現時点では全く不明です」(NICT)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ