【ガダルカナル島】(上) あこがれの伯父 遺品はベルト通し一つ 

 73年前の8月、太平洋のガダルカナル島(ガ島)で激戦が始まった。九州ゆかりの部隊も、飢えに苦しみながら戦った。戦後73年が経過し、戦争体験の継承は難しくなった。それでも、先人の死に少しでも報いようと、最期を知りたいと願う遺族や、戦いから教訓を引き出したいという人がいる。(大森貴弘)

 「叔父 どんな思いで死んだのか」

 福岡県行橋市の不動産業、江本満氏(47)は、赤茶けたベルト通しを、自宅の仏壇で大切にしまっている。大正10年生まれの伯父、金次郎氏の遺品だ。

 金次郎氏は、ガ島で亡くなった。

 戦死公報には「昭和18年1月15日午前8時30分、アウステン山に於(お)いて戦死」とある。

 金次郎氏の母、つまり江本氏の祖母は、「砲弾が足に当たって死んだ」と聞いたという。

 遺骨はなく、ベルト通しだけが帰ってきた。

 一度も会ったことのない伯父だが、江本氏は身近に感じてきた。

 祖母は「金ちゃんが生きていたら」が口癖だった。他の伯父も、ことあるごとに金次郎氏を話題にした。

 何より生前の写真を見ると、江本氏自身にそっくりだった。

 「真面目で物静かで、稼いだお金は、全部実家に送金したそうです。それでいて力は強く、軍の相撲大会で優勝したこともあったとか。似ているだけに、あこがれの存在でした。昔から、つらいことがあるとよく伯父のことを考えました。食料も弾薬もない中、どんな思いで死んでいったんだろうって…」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ