北海道地震 家具の転倒相次ぐ 配置見直しと固定で防ごう

 北海道で最大震度7を観測した地震では、家屋の損壊まで至らなくても、激しい揺れで家具の転倒などが相次いだ。激しく揺れる家屋で身を守るためには-。重い冷蔵庫や食器棚が危険なのはもちろん、子供部屋には本棚などの倒れやすい家具も。配置を見直して壁に固定し、けがを防ごう。

避難路を確保

 防災グッズ130種をそろえる雑貨専門店「ロフト渋谷店」(東京都)は6日から、家具転倒防止器具、災害食、手動の携帯電話充電器などが次々に売れ、店員が補充に追われている。

 チーフの出口涼子さん(39)によると「北海道の友達や家族に送りたい」「自宅内を見直したい」と若者から年配者まで来店。「通りがかりではなく目的買い」で、6日の売り上げは前日の13倍に上った。

 家具転倒防止器具は年配女性の購入が多いという。

 地震に備えて家具の固定を呼びかけているのは、人口密度が高く、狭い空間に家具を並べて人々が暮らす東京都の防災管理課。

 その理由は、(1)はさまれたりぶつかったりしてケガをすると、その後の避難生活に影響する(2)倒れた家具や割れた窓、食器が避難を妨げる(3)ストーブの上などに倒れると火災につながることがある-からだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ