パンダの寝顔「いいね!」 シニア世代SNS体験 神戸

 シニア世代を対象にした会員制交流サイト(SNS)の体験イベントが14日、神戸市灘区の市立王子動物園で開かれた。参加者は交流サイト「フェイスブック」の利用方法を学んだ後、お気に入りの動物を撮影して投稿を楽しんだ。

 フェイスブックジャパンと神戸市の地域活性化などに関する事業連携協定に基づく施策の一つ。SNSを地域活性化に役立てようと初めて企画された。

 イベントには一般公募で集まった40~80代の17人が参加。アカウント登録や共感を示す「いいね!」の使い方などフェイスブックの基本的な利用方法を学んだ後、動物園内で投稿用の写真撮影に挑戦した。フェイスブックジャパンの長谷川晋社長も参加した。

 参加者はスマートフォンでパンダの寝顔やプールを泳ぐペンギン、長谷川社長とのツーショットなどを撮影。「パンダかわいい」「子供と来て以来の動物園」などのメッセージを添えて次々に投稿した。

 大阪市都島区の主婦、中島富美子さん(65)は「これまでは文章が中心だったけど、今後は写真をたくさん投稿したい」と話していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ