八名信夫さん「映画で熊本を元気に」 地震テーマに自主製作 被災地で上映会

 俳優集団「悪役商会」の代表、八名信夫さん(83)が熊本地震の被災地を舞台にした映画「駄菓子屋小春」を自主製作し、18日、熊本県庁で完成報告の記者会見を開いた。被災者が前を向いて生きる姿を描くことで熊本を元気にしたいとしている。熊本のほか、西日本豪雨や東日本大震災の被災地でも上映する。

 映画は約2時間で、地震から約1年たった熊本市内の商店街にある駄菓子屋を地域の人たちが守るストーリー。3月下旬から約1カ月間、熊本市のほか、震度7を2回観測した益城町や宇土市で撮影した。八名さんは監督や脚本を手掛け、映画にも出演している。

 以前から熊本県山鹿市の国重要文化財「八千代座」で舞台を披露するなどしていた八名さん。「熊本は苦しくてもつらくても、自分を励まし、汗をかいて災害を乗り越えようとしている。北海道の地震に西日本豪雨と災害が多いが、全国に希望や勇気を与えたい」と力を込めた。

 熊本市で22、24両日、2会場で無料上映会を開催。11月4日に岡山県倉敷市、12月9日には宮城県気仙沼市で上映する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ