両陛下、豪雨被災地見舞いで愛媛・広島両県へ

 天皇、皇后両陛下は21日午前、西日本豪雨の被災地を見舞うため、羽田発の特別機で愛媛県に向かわれた。日帰りの訪問で、現地の移動には陸上自衛隊のヘリを使い、広島県の被災地も見て回られる。

 両陛下は松山空港に到着後、浸水被害で5人が死亡した愛媛県西予(せいよ)市にご移動。仮設住宅に入居する被災者を見舞い、災害対応に尽力した関係者をねぎらわれる。その後、ヘリで広島県呉市に移り、大規模な土砂災害があった地区を車中から視察、仮設住宅も慰問される。

 両陛下は20日に両県を訪問する予定だったが、現地の天候不良により延期されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ