古墳群の世界遺産めざす堺、ボランティアが英・中・韓3カ国語でおもてなし「片言でもホッとしてほしい」

 世界文化遺産登録を目指している大阪府の百舌鳥・古市(もず・ふるいち)古墳群に訪日外国人客を集めようと、仁徳天皇陵古墳など百舌鳥古墳群がある堺市で、ボランティアガイドたちが奮闘している。関西国際空港から近い立地条件の良さもあり、市内のホテルの宿泊者数は増加傾向だが、堺の認知度が低いのが課題。大阪北部地震や台風21号などの災害の影響も懸念されるが、英語や中国語、韓国語などを学ぶ地元のボランティアたちは「少しでも堺にいい印象を持ってもらい、多くの人に訪れてほしい」と話している。(猿渡友希)

 「仁徳天皇陵古墳にようこそいらっしゃいました。私は観光ボランティア協会の会員です」

 6月初旬、堺市堺区の国際交流プラザの一室で行われた韓国語同好会。講師の梁恵順(ヤン・ヘスン)さん(66)が韓国語の文章を読むと、受講生のボランティア協会員ら5人が繰り返して読み上げた。

 授業は約2時間。教室は月に1度で、受講生はみな初心者で、梁さんは「片言でも、母国語で話しかけることでほっとしてもらいたい。おもてなしの心を大事にしています」と話した。

 受講生の寺口務さん(72)は「写真を撮るとき、韓国語でかけ声をいうと、すごく喜ばれる。堺にいい印象を持って帰ってもらえれば」と笑顔を見せた。

 市や堺観光ボランティア協会によると、数年前まで同市を訪れる外国人観光客は少なかったが、関西国際空港と大阪市中心部の間という立地の良さから市内のホテルに宿泊する外国人の宿泊者数が年々増え、平成29年度は前年度比21・7%増の24万115人を記録した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ