台風25号、東シナ海を北上 九州、北日本は暴風雨警戒

 大型で強い台風25号は5日、東シナ海を北上した。6日にかけて対馬海峡付近から日本海に進み、7日には風速25メートル以上の暴風域を伴ったまま北日本に向かう見通し。気象庁は、九州では5日夜から暴風雨や高波に警戒するよう求めた。7日は北日本を中心に大荒れになる恐れがある。

 気象庁によると、西日本では6日にかけて高潮への注意が必要。沖縄は台風の暴風域から抜けたが、那覇市では5日未明、瞬間風速30メートル超の非常に強い風を観測。西日本にかかる前線の活動が活発になり、大分県や宮崎県、高知県では1時間に30~50ミリの激しい雨が降った。前線も台風とともに北上する予想だ。

 6日までに予想される最大瞬間風速は、九州北部45メートル、近畿と中四国、九州南部、奄美、沖縄35メートル、北陸30メートル。海上は大しけとなる。6日昼までの24時間予想雨量はいずれも多い所で、四国250ミリ、九州200ミリ。その後も降り続く所がある。

 台風25号は5日午前11時現在、沖縄・久米島の北北西約260キロを時速約20キロで北に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。中心から半径220キロ以内が暴風域、半径560キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ