リカちゃんに母校の制服を 兵庫の会社に依頼続々

 着せ替え人形「リカちゃん」に実在する学校の制服を着せた特注品「制服オリジナルリカちゃん」が人気を集めている。兵庫県内の同窓会サポート会社が、製造元のタカラトミー(東京)とタイアップして企画。これまでに秋田から鹿児島まで全国15県の計30校から依頼を受けて制作した。母校の制服を着たリカちゃんの姿に、購入者からも「懐かしい思い出がよみがえる」と評判は上々のようだ。(香西広豊)

 「受け付け開始からわずか半月で、約1500体の予約が入っています」

 兵庫県姫路市の同窓会サポート会社「サラト」の福田裕一社長(47)は、9月15日に予約を始めた私立賢明女子学院中学・高校(姫路市)の制服リカちゃんの受注状況をこう説明する。

 同校は来春から制服が変更される予定で、「親しみのある制服を残したい」という保護者会が同社に相談。制服リカちゃんをつくることにした。価格は6980円(税込み)で限定2千体。合服と夏・冬服の3種類とリボンやソックスなどがセットで付くほか、「特徴の白と紺色の靴まで忠実に再現した」(福田社長)という。発送は来年4月を予定している。

目標は「全国制覇」

 同窓会の名簿作成などを手掛けるサラトは平成19年3月、タカラトミーとタイアップし、創立100周年を迎えた鹿児島県立甲南高校の制服リカちゃんを最初に販売。その後、全国の女子高を中心にした同窓会向けに販売活動を展開してきた。制服リカちゃんは、学校の周年祝いで制作されるケースが多く、福田社長は「同窓会サポート事業で得る周年情報やノウハウが、人形の販売にも生かせた」と分析する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ