紫綬褒章 将棋棋士 羽生善治さん 「発見」続けたい

 「今までの活動だけではなく、これからの棋士としての歩みへの期待も込められていると思う」

 昭和60年、15歳で史上3人目の中学生プロ棋士としてデビューした。平成8年2月に初の全七冠を制覇し、昨年12月には史上初の「永世七冠」を達成。現在行われている竜王戦で前人未到のタイトル獲得通算100期に挑んでいる。

 30年以上の棋士人生を振り返り、昭和61年1月の宮田利男六段(当時)とのデビュー戦が「すぐに思い出せるほど印象に残っている」と明かした。

 同世代の佐藤康光九段(49)と森内俊之九段(48)も昨年、紫綬褒章を受章。「10代の頃からお互いに切磋琢磨(せっさたくま)してきた。将棋を長く続けていく中で大きな刺激となり、ありがたい存在」と語った。

 今年2月、将棋界初の国民栄誉賞を受賞。「将棋の内容はここ5年で大きく変わり、対局する中で新たな『発見』がかなりあった。今後も自分なりの『発見』を見つけ続けられればいい」(田中夕介)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ