本紙記者が茨城県警察学校に体験入校  

 茨城県警察学校(同県茨城町上石崎)で若手記者を対象にした体験入校が行われると聞き、今年4月に産経新聞社に入社した県警担当記者(24)も、同じく1年目の警察官の日常に迫ろうと警察学校に飛び込んでみた。想像を上回る過酷な1日になるとも知らずに-。

 午前8時半、警察学校に集合し、まずは施設内を見学した。男子寮の1室は、同世代の部屋とは思えないほど簡素で、歯ブラシなどの日用品と教科書、そしてプロテインが並ぶだけだった。見学後、「逮捕術」の授業へ。拳による突きや警棒の打撃で、相手をできるだけ傷つけずに制圧する「総合格闘術」だ。

 まずは防具を装着した。「重い」。早速顔がゆがむ。視界は狭く、呼吸もしにくい。不安を抱えたまま警棒と同じ大きさの竹刀を手に取り、訓練が始まった。

 1対1の実戦訓練。最初は、がむしゃらに竹刀を振り、肩や小手に打ち込んだが、後半は足が動かず、最後は竹刀を振り上げることすらできなかった。

 隣では初任科生の大きな声。自分の倍以上動いているはずだが、その動きは鋭いまま。間合いを見て、フェイントを入れるなど高度な戦いを繰り広げていた。

 逮捕術の後は楽しみにしていた昼食の時間。だが、激しく動いたせいか食欲がわかない。生まれて初めての経験に驚いた。初任科生は1日の食事で少なくとも3千キロカロリーを摂取するという。一度現場に出てしまえばいつ食事ができるか分からない。つらくても、食べられるときに素早く食べることは重要だという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ