【ノーベル賞授賞式】本庶さん「受賞を実感」 王宮晩餐会に出席

 【ストックホルム=宇山友明】ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授(76)と妻の滋子(しげこ)さん(76)は11日夜(日本時間12日未明)、スウェーデンのカール16世グスタフ国王が主催する晩餐(ばんさん)会に出席した。

 本庶さんは10日の授賞式と晩餐会に引き続き、日本から持参した紋付き羽織袴(はかま)姿でストックホルム市内にある王宮に到着。滋子さんと手をつなぎ、各賞の受賞者らとともに会場に向かった。

 晩餐会に先立ち、本庶さんはスウェーデンの議会で国会議員ら約140人に向けて講演。講演後、「(授賞式後の)盛大なパーティーで受賞した実感がわいた。日本に帰ったら温泉に行きたい。雲隠れします」と話した。

 京大によると、滞在中の主な行事を終えた本庶さんは日本時間の14日に帰国する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ