東日本大震災で被災し奈良移住 彫刻家夫妻、恩返しの展覧会

 東日本大震災で被災し、現在は移住先の奈良県天理市に拠点を置く彫刻家、安藤栄作さん(57)と妻の長谷川浩子さん(57)による合同作品展「二人展」が11日、同市川原城町の「Art-Space TARN」で始まった。津波で全てを失い、失意に暮れながら新天地で再出発した安藤さんは「身一つから立ち上がってここまでこられたのは、奈良の人たちの支援のおかげ。その恩返しになれば」と話している。25日まで。

 平成23年3月11日、夫妻は当時住んでいた福島県いわき市で被災。家族は全員無事だったが、海沿いにあった自宅兼アトリエと作業道具、丹精込めて手がけた数百点の作品が津波にのみ込まれた。

 福島で新たな活動拠点を探したが、なかなか場所が見つからない。そんな中、夫妻の頭に浮かんだのが奈良だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ