虐待情報、警察と共有を NPOが厚労省に要望書

 子供の虐待防止に取り組むNPO法人「シンクキッズ」のメンバーが12日、厚生労働省を訪れ、全ての児童虐待事案について、児童相談所と警察、自治体で情報共有するよう求める要望書を提出した。

 要望書では、千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(10)が死亡した事件に関し、心愛さんが長期欠席した段階で児相が警察に連絡していれば、命を救うことができたと指摘。事件を防げなかった原因は「児相の親とのトラブルを恐れる保身と、警察との連携を拒否する閉鎖的な体質」とし、児童福祉法などの改正を求めている。

 提出後、記者会見した代表理事の後藤啓二弁護士は「高圧的な親に屈しないためにも児相が案件を抱え込むのでなく、警察との連携を強めることが不可欠だ」と訴えた。

 児相と警察の全件の情報共有は、茨城県や愛知県など一部の自治体で既に進められている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ