冬の京都に異変 春秋との観光客数の差縮まる

 京都観光の閑散期とされてきた冬に異変が起きている。訪日外国人を中心に観光客が増え、繁忙期である春や秋との差が縮まっているのだ。旧正月(春節)の大型連休に来日する中国人が増えたほか、冬季限定のイベントの効果が出ているとみられる。繁忙期と閑散期の差が縮まることで、観光産業の雇用の安定が期待され、京都市は修学旅行を冬に誘致するなどの取り組みも始めている。(南里咲)

■格差は3・6倍から半減

 市の調査によると平成15年は、月別の観光客が最も多かった11月(666万人)と最も少なかった2月(186万人)とでは約3・6倍の格差があった。これに対し29年は、最多の3月は543万人、最少の9月が373万人と格差は約1・5倍まで狭まった。

 京都市観光協会が市内のホテル37カ所を対象にした調査でも、30年1月の客室稼働率は73・4%と、27年の68・6%から上昇。外国人の利用割合は32・8%と27年から9・6ポイント上がった。繁忙期の4月や11月の稼働率はすでに飽和状態で、前年までと比べて低下か横ばいなのに対し、冬の観光客数は右肩上がりだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ