「喫煙ゼロ」へ宣誓求める…大阪・吹田市やりすぎの声

 大阪府吹田市は「職員の喫煙率ゼロ」を目指すプロジェクトをスタートし、その第1弾として喫煙者を含めた全職員約4千人に禁煙に向けた取り組みなどを書いてもらう宣誓書の提出を求めた。市は禁煙を強制するものではないとしているが、宣誓書には「これを機会に禁煙を」と明記。勤務中の職員の喫煙を禁止する自治体はあるが、宣誓まで求めるのは全国でも珍しいという。だが、市民からは「やりすぎ」などと批判が起き、「喫煙率ゼロ」も実現を疑問視する専門家がいる。(張英壽)

■公務員の責任「いずれは市民にも広げる」

 市健康医療部と総務部は1月7日、庁内のネットワークを通じて、プロジェクトの説明文とともに、宣誓書を配布した。説明文のタイトルは「職員の喫煙率ゼロ!を目指して」で、「究極的には街全体を禁煙に!!」と将来の目標を明記。そのうえで「まずは市職員から禁煙や受動喫煙防止に向けた取り組みをすすめてみませんか」と呼びかけている。

 この説明文で、掲げているのは「スモークフリーシティの実現」だ。スモークフリーとはたばこの煙から解放された状態のことで、禁煙や受動喫煙防止の取り組みを「いずれは市民にも広げていきます」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ