新幹線の360キロ走行公開 JR東海

 東海道新幹線に来年7月デビュー予定の新型車両「N700S」が、米原-京都間で時速360キロの走行試験を重ねている。5月24日に初めて成功し、6日深夜には5回目の試験を報道関係者に公開。試験は今月中旬まで続け、360キロで安定して走行できるかどうかや騒音、乗り心地の良さなどを確認する。 N700Sは6日午後11時41分、米原駅を出発すると加速を続け、約8分後360キロに到達。その後、362キロまで速度は上昇した。 JR東海によると、N700Sの営業運転では、モーターを16両のうち14両に搭載し、現行の東海道新幹線の最高時速285キロを維持する方針。今回の試験では、360キロを出す能力を示そうと、16両全てにモーターを載せ、加速性能を約15%向上させた。

 米原-京都間は、東海道新幹線でもカーブや坂の勾配が緩い区間で、スピードを出しやすいため、試験区間に選んだ。JR東海は、海外輸出も視野にN700Sの開発に当たっており、360キロへのスピードアップのほか、8両や12両など路線のニーズに応じた車両数に変えることができるよう設計した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ