「七夕」前に短冊飾る笹 和歌山・JR橋本駅

 7日の「七夕(たなばた)」を前に、和歌山県橋本市のJR橋本駅改札口そばには、願い事を書いた短冊を飾り付けるための笹2本(各約2・3メートル)が立てられている。

 七夕の雰囲気を楽しんでもらおうと、駅が毎年実施しており、今年も笹や短冊などを用意。4日には県立きのかわ支援学校(橋本市高野口町)の中学部の生徒5人が訪れ、小・中学部約50人分の短冊を丁寧に飾り付けた。

 笹には「志望校に合格しますように」「すいかたべたい」などと書かれた短冊が飾られている。

 短冊は6日午後3時まで受け付け、翌7日、丹生都比売(にうつひめ)神社(同県かつらぎ町)に奉納する予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ