近畿と東日本に上陸の恐れ 台風6号、週末は荒天

 26日午前、本州の南の海上で熱帯低気圧が台風6号に変わった。北寄りに進んで27日から28日にかけ近畿から東日本の太平洋側に近づき、上陸の恐れもある。気象庁は大雨による土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

 強風や高波も予想され、夏休みシーズンの週末で屋外のレジャーを計画している場合は注意が必要だ。花火大会などイベントの開催に影響が出る可能性もある。

 台風は26日正午現在、和歌山・潮岬の南約350キロを時速20キロで北北西へ進んだ。中心気圧は1000ヘクトパスカルで、最大風速(最大瞬間風速)は18メートル(25メートル)。中心の東側440キロ以内、西側220キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

 27日は紀伊半島へ最接近した後、東寄りに進路を変え東海へ向かうとみられる。その後は勢力を弱めながら関東へ進み、28日頃までに熱帯低気圧に変わる見込み。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ