iPS細胞世界初移植の理研・高橋政代氏が退職 研究と医療橋渡しの企業専任へ

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜細胞を、目の難病患者に移植する世界初の手術を平成26年に実施した理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーが、31日付で理研を退職すると理研が同日発表した。今後は再生医療を早期に実用化するため、研究と医療の現場を橋渡しする神戸市内の企業の専任となる。次期リーダーは西田栄介・生命機能科学研究センター長が兼務し、網膜再生医療の研究を継続する。

 高橋氏は「世界の再生医療をリードする研究成果を上げることができた。これまでの研究経験を生かし、新しい医療を創出する活動に邁進(まいしん)していきたい」とコメントした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ