愛知県の慰安婦像展示のイベント 菅長官「事実関係を精査し、適切に対応」

 菅義偉官房長官は2日の記者会見で、文化庁の補助事業として愛知県内で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、慰安婦像をモチーフにした「平和の少女像」や昭和天皇の写真が燃えているように見える作品が展示されていることについて「事実関係を精査した上で適切に対応したい」と述べ、補助金を交付するかどうか慎重に判断する考えを示した。

 イベントは愛知県などがつくる実行委員会が主催。1日から開催され、ジャーナリストの津田大介氏が芸術監督を務めている。少女像などはイベント内の企画展「表現の不自由展・その後」で展示された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ