世界初の水上木製コースター終了にネット涙 「本当に寂しい」「妻と一緒に乗った最初のジェットコースター」

 東武動物公園(埼玉県宮代町)が6日、公式ツイッターを更新し、同園の水上木製コースター「レジーナ」が9日をもって営業を終了することを発表した。2000年に登場し、多くのファンに愛されたレジーナ。ツイートのリプライ欄には惜別の声が続々と集まっている。

 同園はレジーナについて「定期点検により車両の経年劣化が認められたため、安全を優先し点検終了日の8/9をもって営業を終了いたします」と報告。そのうえで「突然のお別れになってしまいましたが、これまでご愛顧いただいたお客様に感謝いたします。19年間ありがとうございました」とつづり、お礼の言葉を述べた。

 イタリア語で「女王」を意味するレジーナ。世界初の水上木製コースターとして知られ、まさに女王が横たわったような美しいフォルムのコース全景も大きな話題となった。最高速度は時速90キロにも達し、そのスピード感あふれる乗り心地や、木製ならではのスリルあふれる“揺れ”を体感できるアトラクションとして19年間、多くのファンに親しまれてきた。

 SNSには営業終了を惜しむファンからの言葉が相次いだ。「幼稚園、小学校、中学校、高校。どの窓からもレジーナが見えました。そして、自分と同い年のレジーナ。本当に寂しいです」「人生で初めて乗ったのがこれでした」「妻と一緒に乗った最初のジェットコースターでした」「元カノと乗ったのが最後でした」「日本一美しいジェットコースターでした。良い思い出しかありません」「ギシギシガタガタして他ではないスリルが味わえるレジーナ大好きでした!」など、レジーナとの思い出をつづる書き込みが返信欄に殺到した。

 また「乗りたい、、まだ乗ってないのにぃぃい!!!!!」「レジーナ、乗っておけば良かったです 乗ろうか悩みましたが、勇気がなくて乗れなかったです」「ついに間に合わなかった…」など、搭乗に間に合わなかったユーザーたちのコメントも目立った。

 一方、同園の決断を評価する声もあり、ツイッターには「安全最優先の英断、立派です。寂しいですが思い出は残ります。ありがとう」「19年ですか…寂しいですが、安全第一。今までありがとうございました。関係者のみなさま、お疲れさまでした」といった意見も見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ