参院選の“N国党躍進”を考える 失われつつある公共放送らしさ

ニッポン放送・飯田浩司のそこまで言うか!

 参院選の結果、「NHKから国民を守る党」が比例代表で1議席を獲得しました。同党の主張は、契約した人だけがNHKの放送を視聴できる「スクランブル化」です。

 これに対し、NHKの石原進経営委員長は先月23日の記者会見で「スクランブル化は一見、合理的に見えるが、公共放送の理念と矛盾する」と問題があるとの認識を示しました。木田幸紀放送総局長も翌24日の定例会見で「受信料制度やその公平負担について、誤った理解を広めるような行為や言動については、きちんと対応し、明らかな違法行為は放置せず、厳しく対処したい」と明言しました。

 では、公共放送とは、一体何なのか?

 NHKは「公共放送とは営利を目的とせず、国家の統制からも自立して、公共の福祉のために行う放送」と定義しています。このため、スポンサー収入や国税ではなく受信料によって運営されているとのことです。

 どんな現場でも少人数のラジオ局で仕事をしていると、受信料をバックに潤沢な予算・マンパワーのNHKの番組に嘆息することしきりです。

 普段は報道公開されない寺社仏閣や、鉄道、航空、物流などの企業の心臓部にも潜入して、非常に興味深い番組を制作しています。私は乗り物好きなので、指令室や検査車両の潜入は心底羨(うらや)ましく思います。そのうえ、視聴率もとっていくんですから、民放としては「民業圧迫だ」と愚痴の一つもこぼしたくなります。

 寺社仏閣の壮大な映像などはNHKならではですが、企業潜入モノは、もともと民放の十八番だったはずです。

 というのも、NHKは放送法83条で広告放送を禁じられています。NHKの放送ガイドラインにも「特定の団体や企業、個人の利害に左右されず、不偏不党の立場で公平・公正な放送をする」と記されています。場所などを示す固有名詞も繰り返ししないなど、細かくガイドラインに規定があるようです。

 にもかかわらず、企業とコラボしているのは、どう捉えればいいのでしょうか?

 企業側は放送法を熟知しているわけではありませんから、「これは企業宣伝広報になる」と思ってコラボ企画を引き受けるわけで、事実上の広告放送に当たるのではないでしょうか?

 受信料制度も放送法の規定なら、広告放送の禁止も放送法の規定です。NHKが受信料について「公共放送の理念」を掲げて「違法行為は放置せず、厳しく対処したい」と権利を振りかざすにも関わらず、放送内容においては、公共放送らしさが失われつつあるのではないでしょうか。

 もっと言えば「民放と大差ない」と感じられつつあることが、関連事業での多額の利益などと併せて、N国党に投じられた99万票余りの民意につながったように映ります。

 ■飯田浩司(いいだ・こうじ) 1981年、神奈川県生まれ。2004年、横浜国立大学卒業後、ニッポン放送にアナウンサーとして入社。ニュース番組のパーソナリティーとして、政治・経済から国際問題まで取材する。現在、「飯田浩司のOK!COZY UP!」(月~金曜朝6-8時)を担当。趣味は野球観戦(阪神ファン)、鉄道・飛行機鑑賞、競馬、読書など。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ