超大型台風、西日本直撃へ

 超大型の台風10号は西日本の南の海上を北寄りに進み、お盆期間の14~15日にかけて暴風域を伴って西日本に接近・上陸する恐れがある。台風の接近・通過による総降水量は西日本から東日本太平洋側の南東斜面を中心に多い地域で1000ミリを超える見通しだ。気象庁は13日午後の臨時記者会見で土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 お盆休みのUターンラッシュと重なり、交通機関に影響が出る恐れもある。JR西日本は13日、山陽新幹線の運転を15日の終日見合わせる可能性があると発表。JR東海も15日は東海道新幹線の本数を減らす可能性があると発表した。山陽新幹線との直通運転を取りやめ、東京-新大阪間の折り返し運転にすることも検討しているという。

 気象庁によると、東日本と西日本の太平洋側を中心に台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる。東から南東の斜面を中心に台風接近前から大雨の恐れがある。西日本の太平洋側は14日夜から猛烈な風が吹く地域もある。また西日本から東日本の太平洋側は14日夕方から猛烈なしけになる見通し。

 台風10号は13日午後9時の観測で鹿児島・種子島の南東約420キロを時速約15キロで北西に進んだ。中心気圧は965ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで中心から半径280キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。また中心の南側1100キロ以内と北側600キロ以内は風速15メートル以上の強風域。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ