長野県の試験場で豚コレラ 300頭以上を処分へ 埼玉でも、発生6県目

 長野県は14日、県畜産試験場(同県塩尻市)で豚コレラに感染した疑いがあった豚を国の機関で検査した結果、感染を確認したと発表した。飼育豚での豚コレラ発生は、養豚場で確認された岐阜、愛知、三重、福井、埼玉に続き6県目で、飼育している300頭以上の殺処分を始める。秩父市の養豚場で飼育していた豚の感染が13日に確認された埼玉県は、養豚場の豚全678頭の殺処分を続けた。

 長野県によると、12日に研究用に飼育している豚1頭が嘔吐(おうと)しているのが見つかったため、14頭を検査した結果、うち8頭が感染した可能性が高いと判明。国の機関で詳しく検査し、感染を確認した。

 埼玉県は14日中に殺処分を完了し、死骸(しがい)の埋却作業に移行する予定。秩父市の養豚場の豚は、山梨県笛吹市の食肉処理場に出荷されていた。取引先はこの処理場のみで、他施設には出荷していない。養豚場から10キロ圏内には他に2施設があるが、殺処分はせず圏外に搬出させない措置を取った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ