ワインの飲み頃温度は? 「日本の赤ワインはぬる過ぎ、白ワインは冷えすぎ」

【ワインと料理のおいしい関係】

 「赤ワインは室温で飲むのがルール」と思い込んでいる方いらっしゃいませんか? 実はそれ、間違いです。

 室温といっても、夏には30度を楽に超えることもある日本の室温で赤ワインを飲んだら、ぬるすぎて楽しめたものではありません。海外のワインの造り手と会話すると、彼らが異口同音に言うのが、「日本の赤ワインはぬる過ぎる、また白ワインは冷えすぎ」ということです。

 一般にワインの世界で室温というのはヨーロッパの石造りのひんやりとしたダイニングルームでの室温で16~18度程度をいいます。もう少し細かくいうと、赤ワインといっても渋味の少ない軽いタイプの赤なら14度前後、フルボディの赤ですと16~18度くらいが香りや味わいが豊かに広がり、渋味もまろやかに感じるのでより楽しめます。赤でも20度は超えないのが正解です。

 冷やすのが一番早いのは、たっぷりの氷水にいれたワインクーラーバッグなどに室温のワインボトルを首まで入れて冷やすこと。最近の私のお気に入りは、アイスバッグというビニール製のワインクーラー。折りたためるし、軽いので、アウトドアでワインを飲むのに最適です。

 25度くらいの赤ワインがあれば、まずは10分弱冷やしてみて、お好みで微調整すればと思います。または冷蔵庫にいれて赤なら1時間程度軽く冷やすというのもおすすめです。

 白の飲み頃温度は、爽やかな軽いタイプは7~10度程度。樽熟したコクのあるシャルドネなどはあまり冷やさず12~14度くらい。

 あまり冷やしたくないときは、ワインクーラーの氷を少なめにするとか、氷を途中で取り除き、ちょうど良い冷え具合のキープを目指しましょう。

 さて、毎年11月第3木曜日はフランスの新酒、ボージョレ・ヌーヴォの解禁日ですが、フレッシュで軽い赤ワインなので、赤といっても、コクのある白とほぼ同じ、13度くらいがおいしいです。おすすめの造り手は130年の歴史を持つ「アンリ・フェッシ」のボージョレ・ヌーヴォ! 解禁日まであと2カ月ほど。今から予約して、今年は「ひんやりヌーヴォ」で楽しんでみませんか?

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ