「もったいない」×センス=オシャレ 廃棄物に命を

【近ごろ都に流行るもの】

 目まぐるしい流行、生産構造上の問題から、大量の産業廃棄物が排出されているファッション業界。そんな「ゴミ」に光を当て、素材としてよみがえらせるクリエーターが台頭している。裁断された紐(ひも)状の生地、美しいまま捨てられる花…。そこに新たな命を吹き込んだオシャレアイテムが人気だ。最先端のファッション・アート見本市を訪ねると、「もったいない精神×独自のセンス」のかけ算が広がっていた。(重松明子)

 4~6日に都内で開かれた見本市「rooms 39」会場で、モコモコのインテリアラグマットが目を引いた。シックな配色、触れるとふわふわだ。

 「アルパカやシルク、コットン、ウールなどの天然素材で手編みしています。もとはこれ…」。デザイナーの玉木マリエパスカルさん(32)が、フリンジ状の糸玉を取り出した。生地製造の際に切り落とされる両端という。

 「500メートルの生地を作れば、倍の1キロ分も出てしまう。素材自体は未使用の一級品。これは宝物ではないかと感じた。お金を払って焼却処分されているという現実を知り、見ていられなくなった」。工場から引き取り、試行錯誤の末にラグを編み始めた。

 1年前。三越銀座店で初開催した、自らのブランド「パスカル・マリエ・デマレ」の催事に出品したところ、1万~3万円台のラグ40点がほぼ完売。「決して安くはないのに」と玉木さん。「当初はエシカル(倫理的=環境保全や社会貢献)の意識はあまりなかったけれど、“新品の廃材”を活用した新しいモノづくりに、年齢・ジェンダーを問わず多くの方が共感してくれて、進むべき道が見えてきました」

 予想外の需要を受けて今年5月、生産体制を整えるためにクラウドファンディングを実施。目標の倍を超える132万円が集まった。

 カナダ人の父と日本人の母を持つ玉木さんはかつて、高飛車なセレブキャラでテレビをにぎわしていたハーフモデル「マリエ」として知られていた。

 東日本大震災後に留学したニューヨークのパーソンズ美術大で、ファッションとサスティナブル(持続可能)社会を学んで帰国。一昨年にブランドを立ち上げてからは、代表取締役として100%ここに注力しているという。

 デニムのダメージ加工を洗いでなくレーザーで行うのは、「水を使わない、汚さない、職人の手を守る」ため。シリア難民の子供がデザインしたシャツを販売するなど、独自の事業を展開している。「社会課題に気付いたら行動に移すことが大切。『エシカルってかっこいい』と興味を持っている今の若い子たちに、伝えていけたらと思う。ラグを編む作業は、老人ホームのお年寄りとも一緒にやってみたい」と玉木さん。

 会場で声をかける突然の「アポなし取材」だったが、「興味を持ってくださってありがとうございます」。飾り気なく頭を下げる姿に、彼女の決意を感じた。

 約300ブランドが参加、約2万人を動員する日本最大級のファッション・アートの祭典である「rooms」は、平成12年に始まり今回が39回目。若手デザイナーの登竜門としても知られている。

 主催するアート・ファッション雑貨の販売などを手がける「アッシュ・ぺー・フランス」のエシカル事業部担当者は、玉木さんについて「著名人の枠に捉われない、真摯(しんし)な素材選びやモノ作りへの姿勢」を高く評価。「感度に光るものがあり、今後生み出されるアイテムが楽しみ」と期待していた。

 さらに会場を進んでいくと、ボルドーや藍の色彩のなかで生命力を感じさせる白い小花…。幻想的な草花のリースやアクセサリーが並ぶブースを見つけた。これらの素材も、従来なら捨てられていたものという。

 これらを手がけた河島春佳さん(31)は、生花店や結婚式場、イベントなどで短期間に廃棄されてしまう花たちを「ロスフラワー」と名付け、新たな作品としてよみがえらせる「フラワーサイクリスト」として2年前から活動している。

 長野県の大自然のもとで生まれ、自然と花好きになった。東京家政大卒業後、さまざまな職を経て生花店で働いた際、廃棄される花の多さに衝撃を受け、ドライフラワーを作り始める。

 「ただ、お花を捨てたくないという気持ちだった。生花店がニーズに対応するために過剰に仕入れざるを得ない事情もわかるが、廃棄される花に手を加えて新しい価値を創り出したい」

 東京・青山の国連大学広場で開催されている「ファーマーズマーケット」などで作品を販売して共感を広げ、現在は大企業とも取引している。

 「SDGs(2015年国連サミットで採択された持続可能な開発目標)の浸透により、声をかけていただくことが増えてきました」と河島さん。ソーシャル&エコを扱う月刊誌「ソトコト」最新号で表紙を飾るなど、社会起業家としても注目の存在だ。

 虚飾や見栄にさようなら。令和時代のオシャレは、地球への思いなくして語れない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ