十段戦初参戦の仲邑菫初段、対局再開 ラムネやチョコ持参

 大阪市北区の日本棋院関西総本部で16日行われている最年少プロ、仲邑菫初段(10)と古田直義四段(50)が対局する第59期十段戦(産経新聞社主催)の予選は、午後0時半、昼食休憩が明けて対局が再開された。

 午前中は対局中のおやつを対局室に持ち込まなかった仲邑初段だが、午後はラムネとチョコレートを持って入室したという。

 囲碁は脳をフル回転させて深い読みを入れるため、頭脳も体力も大きく消耗する。対局時に栄養補給するおやつとして囲碁棋士の間で人気なのが、ラムネだという。

 仲邑初段の兄弟子の大橋成哉七段(29)は「手っ取り早くブドウ糖を摂取しやすい。においも少なく、対局相手にも失礼がない」とその理由を話す。

 対局はゆっくりとした進行。大橋七段は「序盤に前例のない局面になったので、この碁は考えるところが多いと思います」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ