大阪市長、福島処理水受け入れに言及 記者団との一問一答

 東京電力福島第1原発の汚染水を浄化した後の処理水をめぐり、大阪市の松井一郎市長が17日、大阪湾での放出受け入れも「あり得る」と言及した。記者団との一問一答は次の通り。

 --処理水について、海洋放出が必要だと前環境相が言及した

 松井氏「未来永劫、タンクに処理水をとどめ置くことは無理。自然界のレベルの基準を下回っているのであれば、科学的根拠を示したうえで、海洋放出すべきだ。世界中でそういう処理水は排出されている。(放射性物質が)人体に影響の出ないレベルにまで抑えられているのであれば、まずは政府が、環境大臣が国民に丁寧に説明し、処理を決断すべきだ」

 --実際に海洋放出となれば、大阪での協力の余地は

 松井氏「ありますよ、持ってきてもらって。流すのであればね。東日本大震災のがれきの処理も大阪でやりましたから。ただ、それこそ風評被害が出る恐れはある。だから大阪に限らず、どこに流しても大丈夫だという科学的根拠を示してほしい」

 --新任の小泉進次郎環境相は、処理水について「所管外」としている

 松井氏「将来の総理と期待されている人が『所管外』ということで難しい問題から批判をそらすのは非常に残念。小泉さんだからこそ、真正面から受け止めてもらいたい」

 --科学的根拠が示されれば、周辺自治体の理解が得られなくても大阪で放出するのか

 松井氏「自然界レベルのものを、東北の皆さんが困っていることを、否定する必要があるのか。もちろん科学的にだめなものは受け入れません」

 --自然界に影響がないことの担保を、政府に求める考えは

 松井氏「当然ですよ。科学者を入れた専門の検証委員会を作り、根拠を示してほしい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ