受験取りやめ1週間は返金 英検、共通テ対応型で

 「英検」を運営する日本英語検定協会は、18日から予約申し込みを受け付ける大学入学共通テスト対応型の英検について、予約最終日の翌日から約1週間は、受験取りやめの申し出があれば予約金3000円から手数料を引いた額の返金に応じることを決めた。

 予約金を支払えば、本申し込みの際、必ず座席を確保するとしている。協会はこれまで、何らかの事情で受験を取りやめても一切返金しないとしていた。しかし、萩生田光一文部科学相から返金の検討要請を受けて方針を改め、予約最終日である10月7日の翌8日~15日の約1週間は、申し出があれば手数料を引いて返金するとした。

 共通テストの英語民間検定試験は、英検を含め6団体7種類が導入される。試験の詳細が発表されていないものもあり、成績を活用する大学側の対応も定まっていないため、予約後、他の試験を希望した受験生の救済措置。詳しい返金方法などは、10月初旬をめどに協会のホームページで発表する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ