大雪山系黒岳で初雪 積雪2センチ、平年並みの早さ

 北海道・大雪山系の黒岳(1984メートル)の山頂付近で18日深夜、初雪が観測された。「大雪山層雲峡・黒岳ロープウェイ」を運行するりんゆう観光によると、平年並みの早さで、観測史上最も早かった昨年より32日遅い。

 同社によると、18日午後11時ごろ、標高1890メートルにある避難小屋付近で、管理人が約2センチの積雪を確認した。その後も雪は降り続け、19日午前5時には積雪は約5センチになったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ